生活

生活が苦しくてお金がないときのご祝儀対処法5選!

2015/10/26


生活が苦しくてお金がないときのご祝儀対処法

生活が苦しくてお金がない...

そういう時に限って知人・友人からの結婚式に招かれたりするものだ。

結婚式に招かれたからにはご祝儀が必要なのは当たり前。

しかし財布の中が空っぽでどうすればいいか右往左往しているあなたに贈るご祝儀対処法をお伝えしよう。

 

スポンサーリンク

参加コストを徹底的に抑える

結婚式に参加するには男女問わず「ドレスコード」というものがあるはずだ。

まさか普段着で参加するような非常識な人間はいないだろう。

ご祝儀以外にかかる諸費用としては

スーツ・ドレス代

ヘアメイク代

交通費

の3点が大きく分けて頭に浮かんでくるはずだ。

この3点の出費を徹底的に抑えることでご祝儀を捻出できるはずだ。

 

スーツ・ドレス代の節約術

冠婚葬祭用に格安でレンタルしているサービスがあるので数万~数十万の衣装代が3000~5000円に抑えられる。

さらに靴やアクセサリーなど小物類も含めたフル装備レンタルもあるので出費を抑えたいなら検討の余地はある。

 

ヘアメイク代の節約術

知人にヘアメイクのできる人材がいるのが一番いい。

無論プロのメイクアップアーティストはそれを生業としているので

よくても割引してもらうくらいが礼儀だ。

一番おすすめなのはヘアメイクを趣味でやっているような人。

そういう人は自身のテクニック向上やヘアメイク自体を楽しんで

やっているのでお金は二の次になるケースが多い。

知人にヘアメイクできる人間がいない場合は、自分でセットするしかない。

YouTubeで「セルフヘアアレンジ やり方」などのキーワードで検索すれば

自分のお好みのヘアアレンジ方法が見つかるかもしれない。

 

交通費の節約術

結婚式場が遠方で交通費も自分で賄わなければいけない場合もある。

そんな時は高速バスを利用するのがオススメだ。

なぜなら新幹線の往復代金で交通費+宿泊費までついてくる格安プランがあるので十分な検討材料となる。

どうしても飛行機を使わなければいけない場合は、早期割引やバーゲンチケットなどの

割引サービスがあるので細かくチェックしてみるとそちらの方が安くなる場合もある。

 

少額+モノで渡す

大体結婚式のご祝儀の相場は2~3万くらいとされている。

どうしてもこの金額を用意できない場合は、メッセージカードを添えたり何か手作りのモノを用意すると相手に対しての誠意の表れとなるので受け取った側も真意を汲み取ってくれることだ。

むしろお金以外での気遣いが相手に伝わることの方が多いはずなのでオリジナリティがあり逆に喜んでもらえるのでは。

スポンサーリンク

 

事前に相談してみる

思い切って事前に相手方にご祝儀が少額となる旨を相談する勇気があるなら実践してみて欲しい。

「ご祝儀が払えないなら出席しなくていい」ときっぱり断ってくるようであればまさにその人は自分を金の亡者と断言しているようなものなので以後の付き合い方を変えるべき。

結婚式というものは一生に一度の大切なイベントなので、新郎・新婦と特に仲の良い間柄であれば金額云々よりも心からの祝福をすることが心と心を通わせる一番の贈り物となるはず。

親しき仲にも礼儀ありとはまさにこのこと。

 

割り切って欠席する

この方法は招待された相手によるところが大きいが、どうしても行きたくないのであれば仕方のないことだ。

ただそれでも全くお祝いをしないというのはご法度なのでご祝儀の半分ほどの金額かもしくは5000~10000円程度の贈答品を贈らなければいけなくなる。

その後の互恵関係を一切無視するのであれば贈らないのもあり。

タダより高くつくものはない。

 

お金を作る

これはまさに発想の転換である。

生活が苦しくてお金がない状態でご祝儀を捻出しようとすると、
どうしても節約するだとか貯金を切り崩すなどの方法論に至ってしまいがち。

だがしかし、逆にご祝儀分を作る(生み出す)方法があるとしたらどうだろうか?

私が過去に実践した自己アフィリエイトという方法ならご祝儀分に相当する
3~5万円をほぼ労働力なしで得ることができる。

招待状が届くのは大体結婚式の2~3か月前

このわずかな期間で生活費を抑えたり、貯金を切り崩すことなく
簡単にご祝儀代を稼げてしまうのが自己アフィリエイトなのである。

もし、自己アフィリエイトに興味を持った場合は以下の記事を参照にしてもらいたい。

⇒自己アフィリエイトの始め方と効率的な稼ぎ方!おすすめASP一覧を紹介

-生活