ネットビジネス 初心者

ネット副業の種類は?もし月5万の別収入があるとしたら

2015/11/07


a1180_001395_m

あなたはもし今の収入にプラス5万円の別収入が

あるとしたらどんな事に使うだろうか?

恋人や家族でいつもよりちょっとリッチな食事をする。

貯金をする。

借金を返す。

株やFXなどの投資資金に回す。

などなどお金の使い方は人それぞれだ。

アベノミクス効果で日経平均株価が20000円を越える時代がやってきたというのに一般庶民の生活は潤うどころか困窮に向かうばかりだ。

理由は簡単だ。

一部分の経済エリート達が資本を牛耳っているからだ。

いまや日本の労働人口のおよそ3割が年収300万にも満たないというこの現実。

将来的にはアメリカや中国と同様に格差が広がり日本は安心・安全・快適な国というプロパガンダが打ち破られる日が訪れることだろう。

資本主義社会において精神的な安堵感といえばやはり

「お金」である。

これからのサラリーマンは終身雇用に安堵できなくなり

複数収入の柱がなければ余裕のある老後を過ごすことなど到底無理だろう。

一体どうすれば複数の収入を得られるのだろうか?

一般的には副業として本業が終わったあとにコンビニや居酒屋のバイトをしたり工事現場の警備員や作業員などのいわゆる肉体労働というものをイメージするだろう。

しかし今は時代が変わり、肉体労働から頭脳労働へと労働スタイルが変化している。

ノマドワークなどという言葉も流行るくらいITビジネスが成長しているのだ。

今巷では「ネットビジネス」や「ネット副業」などというキーワードが縦横無尽にメディアを駆け巡らせている。

前述した通りもし毎月の収入に5万円の別収入をネット副業により得られるとしたらこれからの生活に希望が差込み始めるのではないだろうか。

もちろんネット副業と聞いて抵抗感や違和感を持つ人もいるだろう。

なので、この記事を読まれているあなたには

私が今までネット副業で得た知識やテクニックなどを心惜しみなく提示していきたいと思う。

ネット副業の種類

まずネット副業の種類は大きく分けて6つのカテゴリーに分かれる。

①ポイントサイト・アンケートサイト

②クラウドソーシング

③情報起業

④せどり

⑤ドロップシッピング

⑥アフィリエイト

一つずつ説明していこう。

①ポイントサイト・アンケートサイト 【Lv.1】

ネット副業としてポイントサイト・アンケートサイトで稼ぐのは
基本中の基本で初歩段階の稼ぎ方となる。

6段階のレベルでいうと初歩の「1」になる。

要領は簡単で、サイトに登録後アンケートに答えたり、無料アプリをダウンロードしたり、資料請求をしたりするだけでポイントが溜まってくる。

そのポイントを現金化すればいいだけの話。

ちなみに私が使っていたサイトはポイントインカムだ。

このサイトからは累計で5万円ぐらいは稼がせてもらった。

⇒お金を貯める方法はネット副業が最適!ポイントサイトでラクラク稼ぐには?

②クラウドソーシング 【Lv.2】

ネット副業としてクラウドソーシングを利用している人は意外と多いだろう。

ネット副業のレベルとしては「2」になる。

クラウドソーシングとはインターネットを通じて業務を不特定多数の人に依頼できスキルの高い人とを結びつけるマッチングサービスのようなものだ。

このクラウドソーシングサイトに自分の得意分野をアピールして登録しておけばその分野の能力を必要とする人から依頼が舞い込んで来るという仕組みだ。

主な需要としてはテープの書き起こしやWEB記事のライティング、イラスト制作、アンケート回答、データ入力、翻訳、ネーミングやアイディアなど多岐に渡っているのであなたのスキルを活かせる仕事が見つかるかもしれない。

【主要サイト】

①ランサーズ

②クラウドワークス

③シュフティ

③情報起業 【Lv.6】

ネット副業における情報起業とは自らの知識や経験、技術などを商品化してパッケージとして売り込む手法となる。

具体例をあげると、オリジナルダイエット法や株・FXの必勝法・競馬必勝法・東大に受かる為の勉強法など一般人の悩みを解消できるような普遍性のある情報が売れやすいのである。

これらのノウハウをまとめたものをPDFとして売ったり、メールやLINE・スカイプなどのツールを使って直接コンサルティングを行うことで報酬を得る仕組みとなっている。

【主要サイト】

①インフォトップ

②インフォカート

③ココナラ

情報起業は主にライティングスキルが必要とされ、文章により人を魅了しなければ売りづらい手法。

さらにプレゼンテーションスキルやコンサルにかける時間・労力も膨大となるため副業レベルは最大値の6とした。

④せどり 【Lv.4】

せどりとは競取り、糶取りが語源となっている。

その言葉のとおり業者の中間に立って品物を取り次ぐ代りにその手数料をもらうというもの。

ネット業界におけるせどりとは

主に中古のCDやDVDを安く仕入れて高く売るという手法だ。

ネットせどりのポイントはアイドルやミュージシャンなどの秘蔵品や生産中止となりプレミアがつきそうなものを誰よりも早く仕入れて買い占めるというのがセオリーのようだ。

【主要サイト】

①ヤフーオークション

②アマゾンマーケットプレイス

③eBay

せどりはネット副業におすすめの手法と言われている。

しかし、実際に中古店などに足を運び仕入れをしたり、大量に購入した在庫の保管場所の確保、商品の梱包から出荷作業、その他問い合わせ対応など何気に工程数が多い。

リアルビジネスで物販の仕事が好きという人にはおすすめなのだが、如何せん私の性には合わなかったようだ。

そういう私見も含め副業レベルは「4」とした。

⑤ドロップシッピング【Lv.5】

ドロップシッピングとは上記で説明したせどりの進化バージョンと捉えてもらえばいい。

要は、あなたが作ったWEBサイトで売れた商品を販売元の業者が発送から納品、そして顧客のアフターケアまでしてくれるという優れものだ。

在庫を抱える必要もないし、煩わしい商品管理に追われることなく純粋にサイト構築と集客に取り組むことのできるスタイルだ。

WEBマーケティングを極めたいという人にはオススメのネット副業である。

【主要サイト】

①もしもドロップシッピング

②通販素材.com

③ClubT

ドロップシッピングは1からサイトを立ち上げる必要があり、WEBデザイン技術が求められる。

さらに自分の店(サイト)を運営することになるので集客面に関してはリアル店舗と同様に広告を打ったりして少しでもユーザーの興味を惹かせなければアクセスが見込めないのである。

その点、せどりはヤフオクなどの巨大プラットホームが用意されているので勝手に集客されているという観点では楽なのである。

WEBデザイン技術、ECサイト運用方法とマーケティングスキル習得までの時間や労力・投資資金などを考えるとレベルは「5」となる。

⑥アフィリエイト【Lv.3】

アフィリエイトとは、数ある企業が出している広告をあなたの運営するサイトやブログに掲載してユーザーがその広告をクリックしたりあなたのサイトやブログ経由で企業の商品を購入した場合に報酬を得られる仕組みとなっている。

いわば、あなたが商品やサービスを売りたい企業のためにネット上の営業マンとなりユーザーに商品の魅力を紹介するのだ。

アフィリエイトとドロップシッピングは同じ?

噛み砕いてドロップシッピングとの違いを例えると、営業マン(アフィリエイト)と商店街の店主(ドロップシッピング)というところだろうか。

アフィリエイトは一般的に「成果報酬型」と「クリック報酬型」の2種に分類される。

アフィリエイトは私がネット副業として今現在も取り組んでおり、コンスタントに収益を得ている手法である。

アフィリエイトには、上記のドロップシッピングにおけるマーケティングスキルと情報起業やクラウドソーシングなどでも需要があるライティングスキルが多少必要とされる。

アフィリエイトの手法は色々あり、初心者は何をどうすればいいのか悩む場合が多いだろう。

現に私も初心者からスタートしたのだが、無料ブログ開設後わずか40日で58,000円を稼ぎ出したのは事実である。

初心者でも比較的短期間で結果を残せるネット副業の再現性の高さを考慮して副業レベルは「3」とした。

なので、このブログではアフィリエイトについて深掘りをしてお伝えしていきたいと思う。

⇒アフィリエイト初心者におすすめな教材一覧はこちら

-ネットビジネス 初心者