ネットビジネス 初心者

ネットビジネス初心者のサラリーマンや主婦が注意すべき3つのtips

2015/11/01


3tips_l2

サラリーマンや主婦が初心者からネットビジネスを始めるとなると、不安に駆られる部分は少なくはないはずだ。

サラリーマンである自分、もしくは夫の年収に満足しきれずに見切り発車でネットビジネスを始めたはいいが、

ネットビジネス初心者が闇雲に稼いでしまった後のことを具体的にイメージできる人は果たしてどれくらいいるだろうか?

実際に私がネットビジネスをしてお金を稼ぎ始めて

これだけは注意した方がいいという注意点を3つだけ上げるので、これからネットビジネスや副業に取り組んでいく予定のある方は是非参考にしていただきたい。

ネットビジネス初心者の心得 -その1-

就業規則の確認

とにもかくにもサラリーマンがネットビジネスを始めるにはまず会社の就業規則を確認することから始まる。
(主婦の方は参考程度で)

大抵の企業の就業規則では、「副業禁止」とされている。

もしくは、副業禁止に近い表現がされていることだろう。

就業規則で副業禁止されているから副業をしたら違法に当たるのか?

答えは否だ。

なぜ就業規則で副業もしくは副業に近いことをしてはいけないのだろうか?

それは自社の社員が副業をすることで、本業が疎かになり本業でのパフォーマンスが落ちてしまうことを一番恐れているからだ。

または、副業をすることで本業で知り得た情報が流出してしまい会社が不利益を被ることにもなり兼ねないという事態にもなるからである。

公務員の場合はまた話が別になる。

公務員は原則として副業禁止である。

条例にも明記されており、国家公務員法103条と地方公務員法38条にその内容が記載されている。

公務員が実質副業をするのは厳しいが、逃げ道はちゃんと用意されている。

公務員が副収入を得るには、投資をすればいいのである。

投資にも色々種類があるが、最近の人気傾向で列挙すると

不動産投資、株式投資、投資信託、FX、先物取引などが主流なところ。

各投資手法の始め方は本題とずれてくるのでここでは割愛させていただく。

ネットビジネス初心者の心得 -その2-

確定申告の準備と知識

サラリーマンや主婦がネットビジネスを始める際に必ず意識付けしなければならないのは、「一事業主」であるということだ。

アフィリエイトやせどり(ネットオークション)をお小遣い稼ぎ程度で始める初心者に多く見受けられる傾向がある。

それは雇われ意識と自らの力で収入を生み出しているという認識のズレである。

パートでも正社員でも会社に雇われの身ならば煩わしい税金の処理は全て雇用先の総務部が処理してくれるので、年末調整の源泉徴収票をもらうだけとなる。

それに対して自らの力で収入を生み出すということは当然、納税の義務も生じるわけである。

そこで確定申告というものが必要となる。

ちなみに確定申告が必要となるのは、年間で20万円以上の所得を得た場合、義務が生じる仕組みとなっている。

ここで言う【所得】と【収入】には大きな違いがある。

分かりやすく説明すると以下の構図になる。

【 ①総売上(収入) - ②経費 = ③所得 】

①総売上(収入)
アフィリエイトやせどりなどのネットビジネスで何らかのモノやサービスが売れるとそこから得た報酬が収入となる。

②経費
ネットビジネスを行う上で必要な運用資金(パソコン代、インターネット通信費、教材購入費など)が必要経費となる。

①の金額から②の金額を差し引いた金額がネットビジネスにおける③所得金額となる。

なのでこれから本気でネットビジネスで稼いでいこうと考えている方は、確定申告を前提としてあらかじめ必要経費として落とせそうなレシート・領収書類を大切に保管しておくことをオススメしたい。

下世話な話、売上げが100万でも経費が200万なら赤字申告となり税金が戻ってくる場合もあるのだから。

ネットビジネス初心者の心得 -その3-

ノウハウコレクターにならないこと

ネットビジネス初心者によくありがちな現象の一つとしてノウハウコレクター化してしまうことが上げられる。

ノウハウコレクターとは、ネットビジネスで成功するためのスキルやノウハウ、裏技的情報をかき集めるだけ集めた結果、全くといっていい程収益を上げられない人たちのことを俗に言う。

特にネットビジネスにおけるノウハウやスキルは初心者からしてみれば特殊なモノに写ってしまいがちで、書籍やマスメディアなどで取り上げられることはあってもその詳細については多く語られていないものが殆どだ。

そのグレーゾーンに目をつけ入れた悪質な業者がネット上で高額な情報商材やカリスマ講師による高額塾・セミナーなどをこれみよがしに宣伝しているのをよく見かける。

【ネット初心者が1週間で10万円稼ぐ方法】

【1クリックで日給5万円】

【寝ているだけで月収50万円】

あなたはこんな謳い文句を1度は目にしたことはないだろうか?

世の中そんなに甘くは無い。

確かにネットビジネス初心者が自己投資として教材を買うこと自体間違いではない。

しかしネットビジネス初心者が上記で謳われている驚異的なスピードで結果を出せると思い込んだら大間違いなのである。

情報商材や高額塾で教えられたノウハウ通り実践しても成果が出ないのは当然である。

仮に謳い文句通りに実践した商材購入者全員が利益を上げられるシステムであるならば、今ごろは億万長者だらけの世の中になっているはずだ。

もっと分かりやすい例えでお伝えすると、東大合格者が全国1位の高額予備校に通ったからといって東大合格が保障されるわけではないということ。

もうお気付きになられただろうか。

もしあなたがお金さえ支払えば理想の結果が得られると考えているのであれば、今から頭の中を空っぽにして読み進めていただきたい。

自己投資をした結果得るものは学習だ。

決してノウハウだけをかき集めて満足するだけでそこから先に進めないという事態に陥ってはいけない。

これからネットビジネスであなたが理想とする結果を得ようとするのならば、それ相応の努力が必要となってくるのは間違いないのだから。

ウブロー的千里眼

守破離という言葉の意味を考えてみて欲しい。

学びを得ただけでは本当の価値は生み出せない。

学びを自分の腹の中に落とし込み(インプット)、実行(アウトプット)に移して失敗をする。

その失敗からまた新しい学びを得て次にトライするというサイクルを作り出さない限り己のノウハウは成熟しない。

学びの最中では誰しもが未熟者なのである。

人生は死ぬまでが学びの連続。

それは私も同じことである。

ネットビジネスとはインターネット上でお客様(需要)を接客・おもてなし(供給)して満足してもらわない限り売上げには繋がらない。

ネットもリアルもビジネスはビジネス。

答えはいつもお客様(需要)が持っているのだ。

⇒アフィリエイト初心者におすすめな教材一覧はこちら

-ネットビジネス 初心者