FX

サラリーマンが副業でFXを始める前に理解しておきたいこと

サラリーマン 副業FX

サラリーマンの副業としてFXは最適

サラリーマンの身分での給与ばかりに依存する状態に、薄々怯えを持つ人が増加しているのは間違いない。

20代~30代のサラリーマンは、一つの企業に生涯頼っていくことの危険度、危機感について肝に銘じ始めている気がする。

また、現実的な給与も決して多くはないので預金額が僅かで、将来に向けた社会保障も絶望的な状況ので、ウェブなどを使って何でも良いので収入を得る手立てがないか探し出す人が増えてきている。

40代~50代のサラリーマンは、現在の状況として生活を送っていく上における金銭面は問題ない人も多いわけだが、団塊の世代と照らし合わせて逃げ切り世代ではない為、退職金、年金にも先行き不透明な怯えを持っていることだろう。

従って、老後を見据えて何か始動しなくてはいけない、けれどどう行動したら賢明なんだろうと苛立ちから逃れられない世代とも言える。

私は、この双方の世代にFXによる安定した投資、資産運用を推奨している。

スポンサーリンク

 

サラリーマンは時間が制約されている事実を注視すべき

なぜそうなるのかと言えば、副業の方法は今の時代多種多様な手段が想定されるが、どの世代のサラリーマンにも似通ったことは「時間が制約されている」という事実。

容量も有限のものであるし、タイムゾーンも限りがある。

その制約の範囲内で一歩ずつでもトライし始めることができ、さらには今後体系化、オートマチック化できる手法がFXという考え方になる。

 

サラリーマンなら副業が仕事だと苦痛になる

サラリーマンが自分で開業を考えることなしに副業を考察する場合、確実に心得なくてはならないのは「可能な限り不労所得化すること」である。

近年はインターネット上を介してのせどりや、アフィリエイトなどそれ相応に利益が出るやり方は様々だが、それがただ単純に時間給のいい就業としてでは一切積み重なっていかず、不相応なものとなる。

自明のことだが、目先のお金が膨れ上がる状況に意味がないわけではないが、やがて定期的なお金が入り込んでくる仕掛づくりをしていく事こそが重要だと言える。

これまでであれば財産を積み上げて、それを定期貯蓄や国債に変えてしまえばおしまいだったが、今の日本の状況を考えるとそんなことは困難であり、長期にわたって望むこともできない。

まず第一に、「自分自身で収益が出るシステムを構築する」という考え方が大事になってくるのである。

スポンサーリンク

 

注目されているシステムトレードとは?

「システムトレード」というワードを耳にしたことがあるだろうか?

FXによる副業を思案してるサッラリーマンであれば、理解しているのではと推察するが、実際のところ、システムトレードというテクニックが評価されている。

自らが直接売買せず、プログラミングに売買を委ねてしまうというやり方となる。

自分の意志が入らずオートマチックに売買をしてくれるので、投資の初心者が失敗することが多い「気分に振り回された売買」になるデメリットがほとんど無い。

この他には、前文で提示した通りサラリーマンは時間が有限なので、お昼の間にチャンス相場がみえたとしてもトレードすることは不可能なのである。

合間を見計らって、お手洗いでトレードする人なども存在するようだが、正直なところ成功を手にするとは思えないのが私の実感である。

FXは為替取引なので真夜中も価格の変動が起こるので、副業のサラリーマンが夜を徹して取り引きするのも体力的に続かないだろう。

 

システムトレードは合理化した資産形成手段

言うまでもなく、個人のモチベーショで取り引きする裁量トレードで成果を残すことも可能で、中長期視点の裁量トレードで大幅に勝ち越しているサラリーマンも多いのが現状。

サラリーマンの私もポジションを長目で保持し、裁量トレードで比較的利益を得ている。

であるから、中長期トレードはサラリーマンでも裁量で差支えないことに違いないのだが、短期売買についてはシステムトレードである程、始終相場を観察できる分強力なのだ。

今のところ、システムトレードで巨額の利益を形成しているサラリーマンは多数いるが、それと連携するかのように連勝しているプログラムもいくつも存在しているのである。

将来的にも明らかに勝ちを持続できるという担保はないが、大勢の人が揺れ動くことなく利益を得ている実情から判断すれば、信憑性のない投資商品や煩わしいとセールスをかけられる投資用建物とは異なり、よほど真実味の高い投資テクニックだと考えられる。

-FX