生活

冬ボーナスが減った!中小企業の人が貯金よりも目を向けるべきこと

冬ボーナス 中小企業 貯金

中小企業に勤める方は、2015年の冬のボーナス支給をどう受け止めているだろうか?

冬ボーナスを全額貯金に回せられれば、将来の不安も少しは拭い去れるかもしれない。

しかし、住宅ローンや車のローン、子供の教育費用など、ボーナス時期は貯金どころではない家庭も多いことだろう。

そこで今回の記事では、中小企業で働いてはいるが、貯金すらままならないという人に向けて、新しい貯蓄のスタイルをご紹介しようと思う。

 

大企業は一人勝ち状態

大手企業の2015年、冬のボーナス平均額は、前年比でおよそ3%アップ91万円となっている。

中小零細含めた全体の平均額が約60万円なので、その点を考慮すると実際、中小企業のボーナスは上がるどころか下がる一方で、大手企業の数値に引き上げられた結果の平均値となっていることが推測される。

ボーナスの平均額が90万円を超えたのは、2008年のリーマンショック以来となる。

やはりアベノミクスの恩恵を受けているのは、一部のエリートサラリーマンだけであって、私達のような中小企業で元請けの捨て駒とされ、働き蟻のようにこき使われるだけの平凡なサラリーマンは、年々収入が目減りしていくのが現実なのである。

 

ボーナスカットになった人が貯金よりも目を向けるべきこと

ボーナスアップ!ボーナスアップ!と騒ぎ立てて、あたかも日本の景気が上向きになっていると誇示しているメディアはいかがなものかと感じている人は多いのではないだろうか。

特に中小企業に在籍していて、もともとボーナスがもらえていない人や、冬のボーナスが全額カットになった人にとっては、辛酸を舐めさせられる思いであることは間違いない。

中小企業のサラリーマンがもらえるボーナスの使い道というのは、
①生活費
②ローン返済
③残ったわずかな金額を貯金
というマネープランの家庭がほとんどなのではないだろうか。

冬のボーナスを優雅に投資や旅行に充てるなんていうのは、やはりエリートサラリーマンにしかできないことだ。

現に私も本業でのボーナスは、雀の涙ほどしかなく、むしろもらえるだけ有り難いとさえ感じている。

そんなごく平凡なサラリーマンである私が、会社のボーナス以外にも収入を得られるようになったのは最近のことである。

もちろん貯金でお金を増やす方法ではない。

私が選んだのはアフィリエイト

正直な話、私が今もらえるボーナスだけでは、上述したような日々の支払いや生活費にほぼ全額もっていかれて貯金ができない状況だった。

そこで私は、いつ本業のボーナスがカットされても対処できるように、手軽に始められるネット副業に目をつけて、アフィリエイトを本格的に始めた。

エリートサラリーマンであれば、副業などする必要性はないだろうが、今自分が置かれている状況を冷静に見つめ直し、ネット副業を実践する決心をしたのだ。

アフィリエイトを実践したおかげで、月5万の別収入を得ることに成功した。

今では、アフィリエイト収入を貯金に回せているのでひとまず安心だ。

だがしかし、時代の移り変わりは激しく、これから先何が起こるかは誰にも予想できない。

今のアフィリエイト収入に満足することなく、少しずつでも副収入の柱を大きくしていく予定だ。

こんなご時世だからこそ、副業でアフィリエイトに取り組むサラリーマンは多くなってきている。

このブログに訪問したあなたも、毎回変動する会社のボーナスに一喜一憂することなく、ネット副業で副収入の柱を作り、新しい貯金の形を手に入れてみてはどうだろうか。

 

【こんな記事も読まれています】
>アフィリエイト初心者におすすめな教材一覧

-生活